災害にはみんなで防災意識を高めよう!

防災は、生きていく上で非常に重要ですが、常に意識できている人はなかなか多くありません。
大きな地震や災害があっても、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」というようにしばらく時間がたつと人は忘れていってしまうのです。
しかし、いつ何時でも、非常時を想定して備えをすることが必要です。
そのためには、「防災の日」や誕生日、記念日などを利用して、防災の点検をする日を決めてはいかがでしょうか。
非常持ち出しグッズの点検、賞味期限が切れた食品の入れ替えや、不足している物の買い足しなどをします。
また、家族と緊急時の避難先や避難ルートの確認などをおこなうのも大事です。
災害時は、家族が仕事や学校、家などバラバラの場所にいて、連絡が取りづらいこともありえるので、避難所や集まる場所を決めておくといいです。
また、地域での取り組みもあると心強いです。
地域で訓練などがある場合は積極的に参加して、意識を高めておくと、地域で協力し合うことで生存率も上がります。

防災を意識した生活を行っていく方法について

震災などの災害は、いつ発生するのか予測することが困難な場合が多いため、日常生活を送っていく中で、しっかりと防災に対する意識を持っていくことが重要となります。
そこで、家具などの転倒防止用グッズを活用して安全を確保する方法や、非常用品を用意する方法などの対策を活用できます。
転倒防止用グッズは、ホームセンターなどで気軽に購入できるようになっているため、災害時に家具の転倒によって怪我をする事態を避けるために利用していけます。
また、非常用品は、災害時にライフラインが断たれた場合に備えるために役立ちます。
このような備えを行っていくだけでも、防災を意識した生活を送っていけるようになるため、いざという時の備えを行っていくことが可能です。
このほかにも、震災関連の書籍を読んでおくなどの方法で、知識を蓄えておくことも効果を発揮します。
このように、防災を意識した生活を送る方法は、多彩に存在するため、自分が行いやすい対策から行っていくことが重要となっています。

おすすめWEBサイト

岐阜の不用品回収

最終更新日:2017/9/14